【徹底解説】クラウドファンディングとは?

クラウドファンディングって、なに?

「離島にゲストハウスを作りたい」
「ドキュメンタリー映画を作りたい」
「アプリを開発して世界を驚かせたい」クラウドファンディングとは、夢やアイデアや企画を実現するために、インターネットを通してお金(支援金)を不特定多数の人からインターネット上で集める仕組みのことです。上記の夢やアイデアは、全てクラウドファンディングで実際に夢を叶えた本当の案件です。
タビノコトバでは冊子作成、展示会開催というプロジェクトをクラウドファンディングを使って開催します。

クラウドファンディングの仕組みについて

では、クラウドファンディングの仕組みについて説明します。

今回、「世界中から公募して選ばれた旅の文章で冊子を作り、展示会を開きたい
というプロジェクトを作りました。

このプロジェクトには、冊子の印刷代金や展示会の会場使用費などの一部をクラウドファンディングで募集することにしました。資金調達期間は60日間と設定。
もし、その期間中に目標金額が集まれば、目標達成となり、集まったお金は全額タビノコトバが受け取り、運営資金や完成した冊子をお送りするというリターンとして支援者に還元することになります。

もし目標金額が集まらなければ、これまで支援してくださった方々には支援金が返金されることになります。
世界中から公募して選ばれた旅の文章で冊子を作り、展示会を開きたい

支援額に応じてリターンがある

資金を支援してくださった方には、資金額に対して見返りとなるリターンを渡すことになっています。

例えば、500円を支援してくださった場合、完成した冊子を送ります
1500円の場合は○○、5000円の場合は△△と、支援額によってリターンが変化していき、支援者自身がリターンを考慮しながら選択できる仕組みとなっています。

支援をしてくれた方にはこんなリターンがあります。

あなたに冊子を届けたい

このプロジェクトの特徴は、支援金に対して1冊の本が送られてくるということです。

一般的にクラウドファンディングを使って本を作りたいというプロジェクトの多くは、1冊2000円以上の支援をすることで、ようやくリターンとして本を受け取ることができます。

しかし、タビノコトバでは、できるだけ多くの人にこの冊子を届けたいという思いがあるので、500円の支援金に対して冊子をお送りすることにしました。
500円は冊子印刷費、郵送費を考慮したときにギリギリの金額設定ですが、とにかくたくさんの方々にこの世界を旅する誰かが作った本を届けたい!という思いがあり、決断しました。

500円で、だれかの旅の話を読み、いつかの自分の旅に思いを馳せてくだされば、最高な思いです。

※追記
今回、クラウドファンディングを行うCAMPFIREでは3000円からしかリターンを設定できないように変更になったため、最低額を3000円より設定させていただくことにしました。
冊子だけを欲しいという方には後日500円で別途インターネットサイトを通じて販売します。

ただ、クラウドファンディングを通して3000円を支援して頂いた方には、
冊子に加えてスペシャルサンクスとして冊子に指名を記入させて頂いたり、特製カレンダーをお送りしたいと思います。

また、インターネットサイトを通じての販売は11月下旬から開始しますが、クラウドファンディングを通して支援をして頂いた方には、先行して11月中旬に冊子をお送りします。

最初の予定と変更しましたことを、お詫び申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です