クラウドファンディングがスタート!この企画を応援してほしい。

タビノコトバのクラウドファンディングがスタート!

【作家が発表できる機会をつくる】旅の文章や写真を公募し、本を作成・展示会を開きたい!

本日8月1日よりタビノコトバvol.2のクラウドファンディングがスタートしました。

コチラのサイトより。

これから完成する冊子はこちらのクラウドファンディングか、会場での販売を通して流通しようと思っています。

「なになに、旅の文章を公募?本を作る?展示会?おもしろそうじゃないか!」
「様々な人が発表できる場をつくるなんて粋なことだよ!」
「いろんな作家の想いが詰まった本を読ませてくれ」

そうです、1冊の本と3日間の展示会にはそこに至るまでのいろいろな想いが詰まっているのです
その形をぜひ手にとってほしい。

 

クラウドファンディングの意味を伝えてみる

値段は少々高く感じるかもしれませんが、協賛という意味を込めて購入して頂けると嬉しいです。
嬉しいというかもう飛び跳ねます。本音を言うと、協賛してください。

この企画、本当にいろいろな作家さんが発表できる場で、そんな夢をもった人たちを応援し続けていきたいんです。

正直、スタッフの中で第2回を開催するかどうか迷った時期がありました。
やっぱりそれなりの労力と時間とお金がかかるから。

でも、そんな僕たちを後押ししてくれたのは、第1回で採用された作家さんたちの言葉や表情でした。
「今までいろいろなコンテストに応募したけれど採用されず、初めて報われたような気がした
「文章作品をこれからも書いていこうと背中を押してもらった」
30代、40代、50代と続けていくことで、見えてくるものがあると思う」

タビノコトバ展の様子

いろいろな背景をもった方々が、発表の場をもち、これからも作品を書いていこうと思えた。
そんな場を造れたことが、今度は僕たちの背中を押し、第2回の開催に進めたような気がしています。
タビノコトバには、そんな背景があるんです。

クラウドファンディングサイトはコチラ

リターンの内容をご紹介

気になるリターンの内容としましては、
完成した冊子をお送りする」ことはもちろん、「冊子にお名前を掲載さえて頂く」こと、#青木薫さんが書いた「表紙絵のポストカード」をお送りすることなどの定番リターンに加えて、
世界一周経験者であるタビノコトバのスタッフ4人が書いた限定冊子《オススメの〇〇》」であったり、「タビノコトバHPにあなたのインタビュー記事を掲載」「あなたに会いに行ってその時のことを書いた作品を展示会で掲載します」といったリターンがあります。

タビノコトバの背表紙

特に今回作成した限定冊子に関しては「旅で聞きたいJAZZ」「世界のダイビングスポット」「旅にまつわる本」「世界のお土産Tシャツ」などスタッフに個性に合わせたマニアックな内容になっています。
世界のお土産Tシャツ。気になるでしょ?笑
スタッフの顔がわかる人は、誰がどれを書いているのか想像してもらえたらおもしろいかと思います。

タビノコトバの限定冊子

「インタビュー記事」や「あなたに会いに行きます」は既にHPで掲載しているhttp://tabinokotoba.com/top/category/sakuhin/1kaisakuhin/
こちらを参考にして頂けるとわかりやすいかと!

見出し

人の意識の中に存在する言葉を引き出すことが好きで、 得意としていると自負している僕ですが、誰にインタビューをしてみても心が震える瞬間があります。

その人の中に眠っている言葉が誰しもあって、そんな言葉を知りたいし、共有したい。
そんな思いから、このリターンを作りました。
きっと面白い体験になるはず。
あなたのことが書かれた作品なんて出会えないですからね。オススメですー!

ということで、クラウドファンディングがスタートです。
よろしくお願いします!


コチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です